医薬品のイメージ画像

医薬品の分類:薬局で買える薬と病院で処方される薬の違い
解熱剤・アレルギー・アルコール・授乳と薬の関係

医薬品の分類


医薬品の分類

「医薬品」とは、広く「薬」と言われるものの中で、配合されている有効成分に医学的な効果が認められており、病気の治療や予防に使われているもののことをいいます。 この「医薬品」には、病院で医師の処方せんにより処方される「医療用医薬品」と、薬局や薬店などで購入できる「一般用医薬品」に分けられます。 医療用医薬品は医師の処方せんが必要であるのに対して、一般用医薬品は自由に購入できるという点で違いがあります。

医療用医薬品

医療用医薬品は、病気に有効であることを目的とされています。 そのため、有効成分を多く含むようになっていて効果も強くなっています。 その一方で、効果が強いため副作用などの危険性も高いので医師の指示に従って服用するように定められています。 このため、医療用医薬品は、医師が診断した上でそれぞれの患者の症状にあわせた処方せんをもらう必要があるのです。

一般用医薬品(OTC医薬品)

一般用医薬品は、安全であることが大切だとされています。 薬局・薬店で誰でも自由に購入できるため、不特定多数の人に販売されるためです。 1錠に含まれている有効成分の量が少なめになっていて、医療用医薬品の約3分の1から半分くらいの量になっています。 有効成分の量を少なめにして、副作用が起こりにくく効き目も穏やかにして、より安全に使用できるようになっているわけです。
このように効果が穏やかな一般用医薬品ですが、人の体に働いて医学的に効果効能が認められているわけですから、正しく使用した場合であっても、複数の薬を同時に飲んだり副作用などのリスクがゼロではないと考えられます。
このため、2009年6月に薬事法が改正され、一般用医薬品がリスクの程度に応じて3つのグループに分けられました。 これに伴い、登録販売者がいるスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでも一般用医薬品を購入できるようになりましたが、購入者自らが医薬品のリスクの程度を見極めることも大切です。

第1類医薬品
服用する上で特に注意を要する成分を含む医薬品で、胃腸薬、禁煙補助薬、一部の風邪薬などが該当します。 購入には薬剤師の対応が必要になります。 薬剤師は、書面を用いて適正な使用のための情報提供を行う義務があります。

第2類医薬品
まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含む医薬品で、風邪薬、解熱鎮痛剤、漢方薬などが該当します。 購入には、薬剤師または登録販売者の対応が必要になり、購入した医薬品を適正に使用するための情報提供が努力義務とされています。

第3類医薬品
日常生活に支障を来たす程度ではないが、体の変調・不調が起こる恐れのある成分を含む医薬品で、ビタミン剤、整腸薬、健胃薬などが該当します。 購入には、薬剤師または登録販売者の対応が必要になりますが、適正な使用のための情報提供などは法律上の規定はありません。 いずれの医薬品であっても、相談を受けた場合には、薬剤師または登録販売者が応答する義務があります。

スイッチOTC医薬品とは

一般用医薬品は、「OTC医薬品」とも呼ばれています。 これは「Over The Counter」の略で、薬局・薬店のカウンター越しに、薬剤師などと相談して薬を購入するという意味です。
これに対して、「スイッチOTC医薬品」とは、もともと医師の処方のもとで使用されていた医療用医薬品なのですが、長期に渡って使用した実績があり安全だと判断されたものについて、所定の承認を受けることで、一般用医薬品(OTC医薬品)として販売できるようになった医薬品のことをいいます。 従来の一般用医薬品に比べて高い薬の効果が期待できるのですが、服用方法を誤ると強い副作用が出る可能性も高くなります。
そのためスイッチOTC医薬品は、薬剤師が管理しているお店でしか購入できない第1類医薬品がほとんどです。 スイッチOTC医薬品を利用するときは、薬剤師とよく相談した上で慎重に服用するようにしましょう。

ジェネリック医薬品

「ジェネリック医薬品(Generic drug)」とは、後発医薬品のことで、特許権の有効期間が切れた医薬品を、他の製薬会社が製造したり販売している医薬品のことをいいます。 最初に開発された医薬品を「先発医薬品」と呼ぶことに対応した呼び方です。
新しい医薬品(新薬)の開発には膨大な開発・研究・試験の費用がかかりますが、ジェネリック医薬品では開発費などがかからないため安い価格で提供することができるのが特徴です。 そして、ジェネリック医薬品は特許の対象となっていた先発医薬品と、成分や製造方法などが同じなので、先発医薬品と同等の効果効能があるというわけです。

ばいあぐらジェネリック通販クラブ:種類と購入方法はこちらです!

このページの先頭へ